ブリーフ

Everisは様々な分野にわたってコンサルティングとアウトソーシングに専念する会社で、 2014年に世界で6番目に大きいIT企業であるNTTデータグループに加わりました。Erretresは、Everisが新しく立ち上げるグローバルデザインスタジオのためにストラテジー、ネーミング、ビジュアルアイデンティティを含む全体的なブランディングを行いました。

ストラテジー

Chazzのプロジェクトには相当なリサーチと分析が必要でした。Erretresのストラテジーチームは、Chazzのポジショニングやクリエイティブ・コンセプトを定義するために多数のリファレンスを調査・分析しました。「Chess Met Jazz」は、ジャズやチェスで表される厳密さ、即興性、秩序、カオスを融合しています。Chazzは新しくてグローバルなクリエイティブ・スタジオです。そこでは、ハイブリッドなスキルを持つプロフェショナル達が、開放的な空間で協力し合い、人々や組織にインパクトを与えるビジネスモデル、製品とサービスをデザインします。

“I have come to the personal conclusion
that while all artists are not chess players
all chess players are artists.”
Marcel Duchamp – Artist & Chess Player

ネーミング

「Chazz」とは、ジャズのチェスの出会いを表現しています。ブランドのネーミングは、戦略的かつ創造的で、それでいてブランドの目的に沿ったものでなければなりません。この名前は、独自の価値を創り出す軸でもあり、ブランドのポジショニング、差別化、そしてインパクトを定義します。「Chazz」は、ストラテジー、直感、思考と創造力の総体であり、完璧なハイブリッドと並外れたパフォーマンスを体現します。

ロゴ

Chazzのロゴは星形五角形とチェスボードの組み合わせから開発されました。ロゴの構成と動きは、チェスの駒の動きと音符の形や動きに基づいています。

ビジュアルアイデンティティ

すべてのタッチポイントは、音楽とチェスの出会いというコンセプトを反映しています。ベース色はチェス盤の色である黒と白です。Erretresデザインチームは補色を定義するために、色を音に変換するニール・ハビソーンの「Eyeborg」研究からインスピレーションを得ました。「Graphik」書体を利用し、様々なトーンでのコミュニケーションを実現しました。専門用語にはレギュラー(普通)、スマートなトーンにはライト(細字)、明確なインパクトを生み出すためにはボールド(太字)を利用しています。

タッチポイント

カラーパレット、パターン、写真のスタイル、書体など、全てのグラフィックアイデンティティ及び、ビデオ、ウェブサイト、ソーシャルメディア、ポスター、トートバッグ、招待状、文房具、ローンチイベント用のサイネージまでデザインしています。